GROOVE, INC. 株式会社グルーヴ
炭火串焼くしよしwa-fu-yaなかなかどでかっちゃんだいにんぐ酒場 和伊の介魚菜酒肴 開花屋味噌屋 八兵衛
店舗案内 新着情報 宴会メニュー 宴会メニュー ご予約フォーム 従業員日記 採用情報
従業員日記
<<1つ先の日記へ1つ前の日記へ>>

ターニングポイント   安藤謙

2018/11/14

こんにちは!安藤です。『なかなか』は今年18年目。

ここまで長く続けられたのも皆様のおかげです。

大変感謝しております。その昔、当時私は串よしに勤務していました。

社長から「新店をオープンするので、

都内の串焼屋に誰か1人修業に行ってほしい」

「行きたい人はいるか?」と聞かれました。

その時、5名ほどその場にいましたが、

誰も返事をせず「シーン」と重い空気が漂う中…。

「誰もいないのか!」「シーン」恐る恐る「では、私が行きます」

と手を挙げたのが、私の中でのターニングポイントだったのかもしれません。

その頃、焼場を担当していましたが、

正直仕事に行き詰っている時期でしたので、良いきっかけでした。

後日、修業先の東京老舗串焼屋にあいさつに行ったところ、

親方からギロッと睨まれ「腕1本なくす覚悟をしてから来い!」

と脅されたのも、今となっては良い思い出です。

修業中は炭の温度、串打ち、味付け、焼きを厳しく仕込まれ、

なぜこうするか?理由づけで教えてもらう日々が続きました。

串焼1本を仕上げるのにここまで考えてるのか!

と刺激を受けながらの修業でした。

しかし、この経験があったからこそ、

この仕事を一生続けようと決めたきっかけになったのです。

後々社長に聞いた話では、修業でかかった費用が

かなりの大金でびっくりしました!!

本当に良い経験をさせてもらったと感謝しております。

ターニングポイントを訳してみたら、人生の転換点、

運命の分かれ道と書いてありました。

それが良い結果になるか、悪い結果になるかが決まる場所や

タイミングのことらしいです。

こうやって18年、ここの場所で仕事が出来ていることは

良い結果に進んだんだなぁと感じています。

これから先はこの修業時代に得た物を周りに手放す気持ちで

スタッフに教えて行きたいと考えております。

<<1つ先の日記へ1つ前の日記へ>>
ページ先頭へ
Copyright (c) 2004- 2018-12-13 21:21